『予防歯科』というと聞きなれない名称だと思われるのではないでしょうか。 一般・小児・矯正・歯科口腔外科・審美などは診療科目としての表示が認められていますが、『予防歯科』はまだ認められていません。しかし、一番わかりやすいので、あえてこの名称を使います。
  予防歯科って、なにをするの?  
  1. まずお口の中の総点検(悪い所は治療します)
  2. 歯石等も除去して、ブラッシング指導
  3. PMTC(後述します)を行います
  4. その後は定期健診を受けましょう!
悪い所を全部治療してから、予防へのステップが始まります。
歯石除去は予防ではなく、歯周病の治療です。
虫歯・歯周病の予防に一番大切なことは、毎日の歯磨きです。これは患者の皆様が、ご自身で毎日やらなければなりません。私達はその正しい方法をお教えするしかできません。

ブラッシング指導では、国家資格を持った歯科衛生士が、正しい歯磨きの方法をお教えいたします。後は皆様次第です!一緒に頑張りましょう!

   子供も同じことをするの?  
お子様も同じようにしますが、その他の方法として
  • フッ素塗布
  • シーラント
もとても有効です。フッ素は歯磨き粉にも含まれていますが、直接歯に塗ることで、歯質を強化し、虫歯になりにくくします。町の検診などでも、無料でやってもらえるところがありますね。

シーラント『6歳臼歯』と呼ばれる奥歯が生えたら、その奥歯に施術します。その名の通り6歳ごろに生え始め、一番奥に生えるため、生え始めは歯の高さが低く、 うまく磨くことができません。また、歯に刻まれたしわも深く、どうしても磨き残して虫歯になりやすくなります。そこでシーラントという物を奥歯の上のしわに塗りこんでなめらかにし、食べかすが残らないようにします。

いずれの方法も痛みなく施術できます。(薬を塗るだけです)やるのとやらないのでは大違いですので、お子様の歯を守る為に、痛い思いをさせないために、予防の大切さを実感してください!
   PMTC ってなんですか?  
rofessional echanical ooth leaning の略が PMTCです。『機械を使用した専門的な歯のクリーニング』ということになりますね。PMTCでは歯石になる前の歯垢(プラーク)を徹底的に取り除きます。歯石になってからでは遅いのです!

当医院では予防専用の個室形式のブースで、お一人に約30分の時間をかけて、じっくりとお口の中をクリーニングいたします。痛みは伴いません。口の中がきれいになって、気分も爽快に!

その後は定期的にPMTCに通っていただければ、いつもお口の中を健康な状態に保つことができます。痛い思いをしないためにも、『虫歯にさせない』予防治療をお勧めいたします。



ホーム  ご挨拶  診療内容  予防歯科実践  フィンランドレポ  スウェーデンレポ
勉強会報告  よくある質問  スタッフ紹介  リンク集  アクセス  院長ブログ  スマホHP